FC2ブログ

9800円でママチャリ購入、荒川サイクリングロードを走行⇒ロードバイクやクロスバイクのオンパレード!ここは少しママチャリを改造して・・・

FC2カウンター 

プロフィール 

改造ママチャリ

Author:改造ママチャリ


ウッドハートスポーツ
ウッドハートスポーツ

ツーリング申込み
ツーリング申込み


自転車 改造ブログへにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ

自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログへ


ブログランキングへブログランキング

荒川流域のポータルサイト
荒川流域のポータルサイトARA


(財)日本サイクリング協会(財)日本サイクリング協会のサイト

東京サイクリング協会
東京サイクリング協会

TCA活動計画
TCA活動計画


自転車文化センター
自転車文化センター


日本自転車普及協会
日本自転車普及協会


スポーツサングラス
JUNCTION PRODUCE


サイクルベースあさひ
サイクルベースあさひ


アロマde快適のブログ
アロマde快適のブログ<br />


チーム・マイナス6%宣言



CIMG0396100605.jpg

カテゴリー 

月別アーカイブ 

最近のコメント 

最近のトラックバック 

自転車道-車・歩行者と共存半ば-

31日の日経朝刊に、自転車に関する記事掲載
首都圏の地方自治体で自転車道設備の動きが広がっている
・車道の端を走る自転車は自動車ドライバーには目障り
・歩道を飛ばす自転車は歩行者には危険この上ない
⇒環境に優しい乗り物=国は自転車利用をバックアップ⇒専用道普及目指す
⇒自動車、歩行者、自転車の3者に満足いく回答導けるか?⇒駐輪場整備問題もあり

最近良く見かけるようになりつつあるブルーゾーン(車道の端50cmを自転車専用道とする)
タイプは3つ
①車道端に白線や塗装で区分けした自転車専用レーン
②同様に車道端に柵で車道と自転車道を分離
⇒トラック荷卸し出来ない、ゴミ集取車が柵、ガードレールをまたぐ不具合、トラックバスの停車場所の確保の難しさ
③歩道の車道側に標識や塗装で区分け

政府は京都議定書が課す温暖化ガス削減目標達成計画
⇒排ガス出さない自転車の走行空間の整備で車から自転車へ乗り換え、約30万トンの温暖化ガス削減を目指す
⇒国土交通省と警視庁は1月、全国98ヶ所(約130km)の自転車整備モデル地区に指定
⇒クリック⇒国土交通省のホームページ

明日6月1日には改正道路交通法により、自転車は車道を走ることが決まりました
13歳未満と70歳以上は歩道も可とのこと
⇒クリック⇒改正道路交通法
⇒早く車道を安心して走れる環境づくりを徹底してほしいものですね!


スポンサーサイト



2008/05/31 22:09|未分類TB:0CM:0

自転車便

今日の日本経済新聞夕刊の記事より・・・
「エコ追い風にビル街快走」自転車便の記事
原油がまだまだ高騰し、ガソリンも更に上昇する中、ガソリンの要らない自転車便の需要が、前年比3割増しで増えているとのこと。料金もバイク便より3割安い。配達時間も早い。
ある自転車便の会社では
⇒一人1日20-25の顧客、訪問先を廻り、走行距離約100km
⇒スタッフ50人の平均年齢は26歳、4割が国内自転車レースにも出場とのこと
私も勤務地は東京都中央区だけど、自転車便をよく見かけますが、こんなに伸びているとはビックリです。ピストタイプのみでなく、ロードバイクやクロスバイクが、事務所前に一時的に停車されている自転車を興味深く眺めています。
お仕事の皆さん、頑張ってください。エコビジネスの最先端、応援してま~す!
2008/05/28 22:46|未分類TB:0CM:0

ダウンチューブにボトルケージ用のネジ穴が無い

ママチャリには、スポーツバイクのような、ボトルケージ(ボトルホルダー)取り付けのネジ穴など、付いていません!
⇒そこで市販のホームセンターで販売していた、折りたたみ式のドリンクホルダーを(手回しネジで、本来ヘッドチューブに取り付けるべきホルダーを、いかにもスポーツしてます!というために無理やり、)ダウンチューブに留めました
⇒更には、スポーツバイク専用のボトルを、あえて使わず、市販のPETボトルを使用、フタだけは100円均一で販売されている、PETボトル用キャップを装着
⇒注意点その1:普通のPETボトルは底が平らで、胴回りが細く、振動で滑り落ちる危険性あり。うえに底がデコボコし、胴周りが太い、コカコーラのジンジャエールのボトルを私は選びました
⇒その2:私の勝手な思い込みですが、市販のスポーツ用ボトルはポリエチレン製。ポリエチレンは柔らかく押さえつけて中の飲料が飲みやすい。しかし何となくPETの方がポリエチレンに比べると、プラスチック臭くないような気がします。硬いので押さえつけにくいですが・・・
水筒取り付け折りたたみリング リング PETボトル装着 キャップ部
2008/05/25 07:26|未分類TB:0CM:0

今日は新小岩から北へ20km走った(走行距離48km)

今日は午後雨の予報、8時に出発、荒川沿いをひたすら1時間北へ走った。9時には20km先の板橋区戸田市、東北上越新幹線の戸田橋に到着し、Uターンしてもどりました
1)荒川⇒荒川+中川⇒荒川+綾瀬川+中川
⇒荒川から中川が分かれていくところで、綾瀬川が登場!その脇を京成押上線の四つ木駅に向かって、自動車の通らない真っ直ぐ1kmの直線コースがある。私はここで自転車の調子を試しています。スピードやガタつきなど(今日は新しく取り付けたペダルと、水筒のチェック)
あやせ川のサイクルロード

2)クリック⇒東京都民ゴルフ場東京都民ゴルフ場

3)荒川と隅田川の合流地点
隅田川と荒川の合流地点 荒川と隅田川

4)クリック⇒赤羽ゴルフ倶楽部東京都民ゴルフ場

5)20km地点戸田橋地点(東北上越新幹線鉄橋、赤羽ゴルフ倶楽部地点)
20km戸田橋地点

2008/05/24 16:31|未分類TB:0CM:0

ペダルの改造

ママチャリのペダルは小さめで、凹凸が少なく、普通のスポーツシューズだと、硬めの靴底でも、足裏痛に悩み、踏み込み方によっては、滑って足を踏み外す危険性があった。
⇒そこで、幅広の(実際軸方向の長さは同じで、進行方向の幅が広く、足裏前側全体の力が伝わる)フラットペダルに交換(アルミフラットペダルVP566  ¥1780)
フラットペダル 24 26 27


⇒ペダルは15mmのスパナを使用(本来ペダルレンチという専用レンチが販売されているが、\1000-\2000と高い。一方15mmのレンチは意外に販売されていない店がある(何故か自転車ではよく使用する15mmのスパナやラチェットが少ないと思いますが・・・)。悩んだあげく、15mmのソケットレンチとスパナの入った工具セットを¥2800で購入)
⇒ペダルはネジ式ですが、左右のペダルが逆回転で緩締するので注意が必要!(左がペダル緩みによる脱落防止のため、左に回すと締まります・・・誰が考えたか、スゴイ発想だし、世界共通で決まっていること・・・もスゴイと思いました)
⇒ペダルレンチの代わりに、まずはウォーターポンププライヤを使用してみるが、滑ってしまい、全く緩んでくれない。止む無く、あまり長くないスパナを使用。右足でペダルを踏みながら、スパナを回すという芸当で何とか、はずすことに成功!もちろん逆ペダルも同様にチャレンジし、何とかはずれました。
⇒お勧めは、少し金をだしても長めのペダルレンチ使用が無難だと感じました。一歩間違えると踏み外して怪我しそう・・・締めるまえにグリースを塗っておきました
a08.jpg a09.jpg

⇒乗った感想・・・ペダルも面積が広くなり、足裏全体で踏み込んでいる感じで、少しだけ気分的にこぎやすくなったよう。また突起があるので、力を掛け損なって滑る危険性が無くなった(ペダルに不安の人はお勧め)
2008/05/24 15:29|未分類TB:0CM:0

[臨時] 写真がうまくポップアップされず、すみません

すみません!この2回分くらい、本来写真をクリックすると、別窓で写真が大きくなるはずですが、うまく表示されない画像が多くなっています(一部は写るのですが・・・)
⇒また、時間見て修正したいと思います(何故か良く判りませんが・・・)
⇒少し見にくいけど、しばし待ってください
2008/05/20 07:03|未分類TB:0CM:0

フーテンの寅さん(本日の走行距離33km)

今日も晴天、サイクリング日和
今日は新小岩⇒中川沿い⇒新中川⇒柴又駅⇒柴又帝釈天⇒矢切の渡し(12km)
1)中川沿い⇒新中川
⇒中川沿いは自動車も無くスイスイ、環状七号をわずか走るときは、「自転車は軽車両であり、車道を走らなければいけないと断定して堂々と走った」・・・でないと脇を走る自動車はやはり怖~い!
環七青砥橋から中川-新中川合流地点

2)新中川⇒柴又駅
中川と新中川の合流地点にかかる「高砂橋」・・・小さいがきれなつり橋です(何か良い歴史があるのかな??しばらく走ると「京成柴又駅」があり、駅前広場には「寅さん」の銅像があり、みんなパチパチ
新中川の高砂橋 京成柴又駅 柴又駅前にある「寅さん」の銅像 
3)柴又駅⇒柴又帝釈天
柴又駅から帝釈天まではずっと参道。たなかやの「うなぎ」・・・うなぎ屋さんはアチコチにある
⇒とらやの「草だんご」屋さん、よもぎもだんごに、一杯きざみのりをふりかけて、熱々はおいしい!
⇒今日は天気も良く、多くの人が狭い参道に・・・自転車を押して歩いていたら、あじさんの足に当たった・・・というかおじさんが急に方向変えて、かかとにタイヤの前がすれたって感じ・・・ふりむいたのと「すみません」と言ったのがほぼ同時・・・ところが、えらく怖い顔して、睨まれた!・・・再度「すみません」というと、しばらく黙って睨んだあと、こんなとこに自転車でくるもん違うんやないか!!と言われた。・・・関西のやくざがこんなとこにもいるのか?当った事には間違いないので、今後気をつけようと感じた・・・「フーテンの寅さん」ではないが「おいちゃん!そこまで言わなくても宜しいんじゃないですか?」
⇒帝釈天はいっぱいの人でした
⇒山本亭の庭園はすばらしい(らしい・・・中には入っていませんので)
⇒「寅さん記念館」にも多くの人が訪れていました
帝釈天に続く参道 うなぎやさんから良い匂いが・・・ 「寅さん」の映画に出てきた草だんご屋さん 参道で怖そうなおっちゃんの足にタイヤが当たった

帝釈天門前 山本亭の入り口「寅さん記念館」

4)柴又帝釈天⇒矢切の渡し
帝釈天の裏側が、すぐ江戸川、江戸川には「矢切の渡し」
川幅数10mを手漕ぎ舟で、今も観光客相手に(休日だけかもしれないが)やってます
江戸川から「矢切の渡し」を望む 江戸川で今も「矢切の渡し」運行 観光客が渡し舟の順番待ち

2008/05/18 19:54|7.ポタリングTB:0CM:0

今日は荒川沿いをサイクリング(今日の走行距離48km)

久々に良い天気!本来のサイクリングに出かけました
新小岩⇒荒川の西側⇒清砂大橋⇒荒川の東側⇒葛西臨海公園(約13km)
1)新小岩⇒荒川の西側⇒清砂大橋
⇒荒川西側はとても広く、野球場が何10面もあり、少年野球や大人も野球で一杯
道端にはきれいな花が多く咲いていた。大橋近くには江東区の花文字が東西線の電車から見えるように植えてあった
ヤグルマギク アグロステンマ ポピー 江東区の「東」
2)清砂大橋⇒荒川の東側
大橋から海を望めば葛西臨海の大観覧車が遠くに見える
清砂大橋 1NEC_0011.jpg

3)荒川の東側⇒葛西臨海公園
約3kmの直線コースでは、多くに人が走っていたり、サイクリングしていたり。河口に着いたら東に進み、葛西臨海公園の大観覧車が目の前に。森林公園になっており、バーベキュー客や散策、水族館もあり、多くの人が遊びに来ていました
⇒東にどんどん進むと、旧江戸川の向こうはディズニーランドが一望出来ます(なかなか絶景です)
野鳥公園もあり、楽しかったです
荒川東ロード 大観覧車 1NEC_0018.jpg 旧江戸川の向こうにはディズニーランド
2008/05/17 21:26|7.ポタリングTB:0CM:0

スペイン製ZEROBIKE

6年前に購入した自転車を紹介します
以前船橋駅前のマンションに住んでいたとき購入した、折りたたみ自転車「ZEROBIKE」
⇒タイヤは8インチ、重量8.2kg、折りたたみサイズ65cm×45cm×25cm、バルブ米国式
⇒大型リュックサックで持ち運び出来そう
⇒当時マンションには自転車置き場が無く、ワンルームゆえネットで購入
⇒クリック⇒ZEROBIKEのホームページ
⇒自転車が届いて早速組み立てて、少し無理してタイヤに空気を入れて乗車したら、チューブをはさんでしまい、いきなりパンク
⇒慌てて自転車屋さんに行くも、8インチタイヤのチューブは在庫なく、取り寄せでした
⇒サドルは、合わなかったので別途購入して付け替えました
⇒チェーンは2重構造で、こぎやすくなっていました

DC0009H-1.jpg

DC0003H-1.jpg DC0001H-1.jpg DC0006H-1.jpg DC0007H-1.jpg
2008/05/16 23:37|6.自転車そのものTB:0CM:0

大阪のママチャリは凄い

大阪の本町を今日歩きました
何とママチャリの種類の多いこと
またクロスバイクやロードバイクが夜なのに無造作に止めてある
アンカーやルイガノ
さすがにデローサはないが
しかし北上して淀屋橋に行くとありきたりのママチャリ
この差は何なの?
そう言えば世界のシマノは大阪府堺市だし全国版のあさひも大阪府だった?
自転車の発祥の地はもしかして大阪?
今度機会あれば写真取りたいと思いました

2008/05/12 21:44|未分類TB:0CM:0

後ろカゴを脱着式に変更

昨日も今日も気温13度で雨、今日は日曜ゆえ、昼からワンタッチカゴ求めて、小雨中自転車でホームセンターへ。価格も店でバラバラ、結局\1480で購入
⇒帰り、サドルをロードバイク並みに目一杯高くしているのを忘れて、信号待ちの時、サドルに座ったまま片足つこうとして、オットットと歩道際の植え込みに倒れかけて、足数箇所すりむいてしまいました。気をつけないとネ
⇒当初、脱着式の前カゴにしようと思ったが、前はバーエンドやエクステンションなどがあって、難しそう
⇒とりあえず、フラッシャーをやめ、後ろカゴをワンタッチ脱着式に変更し、サイクリング時は、カゴをはずして走れるようにしよう
DC0028H.jpgDC0029H.jpgDC0030H.jpgDC0031H.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 自転車ブログへにほんブログ村 恋愛ブログへ
2008/05/11 22:50|5.カゴ、袋、容器TB:0CM:0

フラッシャー画像もう少し掲載

今日でフラッシャー取り外し。その前に画像掲載しておきます
⇒ベルがスイッチとなっており、3Pスイッチで左に倒すと左へ方向指示器がフラッシング、中央を経由して右に倒すと右へフラッシング
⇒配線はダウンチューブのブレーキワイヤー沿いを経由、シートチューブからシートステーの間
⇒後ろカゴの下からカゴ内部のフラッシャー本体へ配線
⇒フラッシャーはクリアケース内部に基板や乾電池、ICやLEDなどが全て収まっている
⇒ケースはうしろカゴとビスで留め、その間にはクッションシート、制振シートで出来るだけ振動防止
⇒基板は「エスケイ電子」の「イルミネーター8」というキットを2セット購入
⇒LED8個がスイッチと共に順番に右から左へフラッシングしていきます
⇒右と左は基板を逆さにして右用と左用にしました
⇒素人なので、1つの3Pスイッチ(ON-OFF-ON)に対して、2枚の基板から(+)(-)配線が、どうつながるのかが難しかったです。結局2日間試行錯誤で完成しましたが、一旦バラすと、今度組み立ては大変と思います




手元スイッチ(3Pスイットで左⇔右  配線はダウンチューブのブレーキワイヤー沿いに  ダウンチューブ⇒シートチューブ⇒シートステー 後ろキャリア⇒後ろカゴ経由でフラッシャーへ 


後ろカゴ下からフラッシャーボックスへ フラッシャーボックスはカゴにしっかりネジ留め  マジックテープ(茶)留め、単3乾電池4本スイッチ付きbox  右側は右へフラッシュ、左側は同じ基板を逆さ向け


自転車後方からみた感じ 基板の下はスポンジシートと制振シートで振動防止 吸音シート2枚+制振シート1枚 

2008/05/11 22:40|5.カゴ、袋、容器TB:0CM:0

折りたたみ可能な取り外し簡単な前カゴ

ハンドル中央のバーエンドに「折りたたみ可能な」「取り外し簡単な」前カゴ\1250をつけるべきか悩んでいます
⇒後ろカゴをはずし、重い鉄の泥除け(フェンダー)をプラスチック製にしたら、もう少しクロスバイク調になるかなあとも思っています
⇒もちろん、この辺でフラッシャーも卒業しようかと思っています
⇒ただし、あくまでママチャリの一番の機能である、カゴ付きはどうしてもはずせません
⇒一晩悩んでみましょう
折りたたみ式前カゴ(1) 折りたたみ式前カゴ(2)
2008/05/10 20:41|5.カゴ、袋、容器TB:0CM:0

クイルステムを可変タイプに変更

いつかやってみたかったステムの変更を今日やってみました
従来のママチャリ用のクイルステムをアヘッドまでは気が乗らないので、可変タイプのクイルステムを購入しました
⇒ハンドルステム 角度調節式 Tranz X JD-356A \2600
⇒角度調節可能ステム
■ ステム長 110mm
■ 調整範囲0度~70度
⇒ここでいう角度の0度はステムが直角の時を述べています
⇒実際は0度以下も10-20度は可能なようですが・・
■ 重量  504g
■ コラム径 22.2mm
■ バークランプ径 25,4mm
⇒自由にハンドルの角度が変更可能できっと最適なポジショニングが出来るのではないかと、大きな期待をしてます(今日は雨なので実車はまだ)
⇒でもずいぶんハンドルが重くなった感じがする
⇒よく言われるのは使い込んでくると、可動部にガタがきやすいとコメントもありますが、それでも一度はやってみたいことでした(また後日感想述べます
可変クイルステム
2008/05/10 20:25|2.ハンドル周りTB:0CM:0

自転車フラッシャー(製作)

多くの人が経験?!荒川沿いのサイクリングにも慣れて、道路交通法に基づいて、自転車=軽車両ゆえ自動車道路の左側を走りました。
⇒本来歩道では自転車は走ってはいけない・・・はずと決意し、マmチャリながらヘルメットをして、新小岩から約10km東京駅方面に・・
⇒しかし予測出来たが、デカいトラックやワゴン車が何台かスレスレに脇をぶっ飛ばして行く
⇒ヘタすると大怪我になりかねず、小さい頃かすかな記憶にあった、フラッシャー(方向指示器)を探しました。しかし相当探すも、自転車用のフラッシャーは販売していない。そこで、昔IC工作をした経験を思い出し、秋葉原の電子パーツ屋にGO!
⇒しかしハンダこての購入はするも、基板のエッチングやダイオードの選択、回路の設計やICの選択・・・とても手に負えず、止む無く既製品(IC工作シリーズで8つの赤色ダイオードが順に点滅するものを購入
⇒最初はICで右から左へ、左から右へと、スイッチ1つ、基板1セットで完成もくろむも、無残に失敗
⇒結局2セット購入し、スイッチも右中左の3点スイッチを作成
⇒100円均一で購入したベルの中にスイッチを挟みこみ、ホットメルト接着剤で接着、ベル外部も完全シールして防水し、雨で漏電しないようにしました
⇒ベルから4芯線をブレーキワイヤに沿って、後ろ買い物カゴまで引っ張り、後ろカゴ内にネジで固定したクリヤケースに入れたフラッシャーシステムにつなげた
⇒電池ケースもクリヤケースに入れ、必要時スイッチをon状態にして使用
⇒上から後ろカゴ用カバーをかぶせて、雨でもシステム自体に水がかからないようにした



使用した感想・・・自分では完璧と思って入る。
1)あまりカッコ良くないのが現状!?
2)後ろの自動車からは見えているのだろうか?
3)単3電池4本含んでかなり重い。⇒タダでもママチャリは重いのに・・・
4)デコボコ道を飛んだり跳ねたりで、元々デリケートな配線は度々接触不良だったが、ある程度は作動していたと思う
5)トータル費用は1万円以上になったかな?(ハンダコテ、ホットメルト接着器、フラッシャーセットも1セット1700円くらいだった、ケースや電線、クッション材など
⇒しかし、単なるフラッシャーづくりに、あるときは一睡もせず、ママチャリを自宅台所に上げて、徹夜で取り組んだ変な?充実感は楽しかったです
2008/05/10 16:01|4.ライト、フラッシャー関連TB:0CM:0

自転車フラッシャー



フラッシャー DC0008H.jpg
2008/05/10 14:49|4.ライト、フラッシャー関連TB:0CM:0

ハンドル周り

ハンドル周りは半年前に変えました
1)ママチャリ用のハンドルを少しフラットタイプにして、パイプカッターで左右各3cm程カット
ハンドル\1500?、パイプカッター\2000?
2)グリップ交換:グリップエンドはカッターで切り取り、バーエンドが取り付けられるようにしました
⇒中央部から10cm付近にもバーエンドを取り付け、ハンドルバーもどきにしました
⇒ステム付近に延長バー(\1000)を取り付け、サイクルメーター(\1700)、ライト(\1500)、コンパス(\800)を装着
⇒同じくステム付近にはベルを装着(しかしこのベルはベルではありません(その回答は後述します)
⇒ステム下部に見えているのが、折りたたみ式のボトルホルダーです(夏はボトル、冬はマップをはさんで使用しています)
NEC_0011.jpg NEC_0015.jpg
2008/05/10 13:52|2.ハンドル周りTB:0CM:1

サドルとシートポスト、シートピン

サドルはSELLE-SMPのストライク TRK メンズサドル[160mm]\4,347
シートポスト(シートピラー)はカロイのSP-256 サスペンションピラー 長さ:300mmサイズ:25.4mm\1,619
⇒サドルは固めですが、中央部が大きく割れていて、走り具合は悪くないようです
サスペンションシートピラーは、もっとバネが効いているかと思ったが、あまりクッション性は感じない
⇒むしろ当初から付いていたシートポスト長が25cmしかなく、本当は35cm-40cmくらいが欲しかったが30cmのみ在庫あり、これでもMAXラインぎりぎり
⇒おまけにシートピンも載せちゃいます。鍵付きのシートピン。大阪のホームセンターで\980くらいだったと思います(SANYO)


サドルとシートポスト サドルを上から見ました 鍵付きシートピン
2008/05/10 12:01|3.サドル周りTB:0CM:0

ママチャリ改造記録

始めましてママチャリ(改造)愛好家です。
⇒1年前に9800円で購入したママチャリで近くの荒川サイクリングロードを走っていると、多くのロードバイクやクロスバイクに出会います。
⇒最初は気にならなかったけど、スーイスイと軽~く抜かれていくのは悔しいかった。
⇒そのうち自分も欲しくなって、自転車屋さんに行ってみると、そこそこの性能をもつロードバイクはやはり、10-20万円くらいしそう。
⇒先立つものが足りず、それならと思い、ママチャリを改造しようと一念発起!
⇒改造するための工具も次から次へと購入、いろいろ改造していくと、過去の姿も保存しておきたくなり、ブログで保存しようと考えました。
⇒これからよろしくお願いします現在のママチャリ(ハンドル、サドル改造)



▽続きを読む▽
2008/05/10 11:52|未分類TB:0CM:0

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車 改造へ
2008/05/10 10:26|未分類TB:0CM:0

リンク 

*ウッドハートスポーツ ウッドハートスポーツ
*お食事処『きごころ』
ウッドハートスポーツ

*SNSのページ
*管理ページ2
*管理ページ3


*スポーツサングラス JUNCTION PRODUCE
*このブログをリンクに追加する

メールフォーム 

名前:
メール:
件名:
本文:

検索エンジン 



WWW を検索 このサイト内を検索

RSSフィード 

フリーエリア 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.